育児の専門家インタビュー:Sleeping Smart代表 愛波文さん

fullsizerender各界で活躍する、育児の専門家からお話を伺う「育児の専門家インタビュー」。

初回は子どもの睡眠コンサルタント、
Sleeping Smart代表の愛波文さんをお招きしました。

お子様の睡眠に関しては、悩みのつきないママやパパも多いはず。

睡眠コンサルタントとは?子供の睡眠を改善するメリットは?そして、愛波さんのこれからの展望についても、お話していただきました。

Q 睡眠コンサルタントと聞くと、アメリカでは良く耳にするFerber methodを思いつく方もいらっしゃると思うのですが、コンサルティングの内容を教えてください。

まず、ファウンデーションの改善から始めます。ファウンデーションとは睡眠環境、子どもの栄養、育児法、親や育児者との関係、スケジュールなど、多方面から睡眠に関わる全てのことを聞き、改善点を詳しくアドバイスしていきます。ファウンデーションを整えることは質の良い睡眠を得るためにとても重要で、多くの場合ファウンデーションの改善だけで、睡眠問題が解決することがあります。

ファウンデーションを整えても睡眠問題が改善されない場合、原因を更に深く掘り下げ、必要な場合のみスリープトレーニングを行います。授乳で寝かす、添寝で寝かすといった癖がある場合、癖をどのようになくしていくかを提案していきます。スリープトレーニングを行う場合、一つのメソッドにこだわらず、各家庭の育児法や子どもの性格に合うやり方を提案し、クライアントとコミュニケーションをとりながら実践していきます。コンサルティングを通し、表面的な問題解決ではなく、水面下にある問題を探り、なぜ寝ないのかを考えながら睡眠改善を行っていきます。

お子さんの睡眠が改善され、寝るようになった後、「旅行に行くのですが、大丈夫でしょうか?」と質問を受けることもあります。その際には、「大丈夫です、旅行を楽しんできてください。」とお伝えしています。旅行後はまた元に戻ってしまうことを懸念する方がいらっしゃいますが、同じように一貫性をもって続けて頂ければ、数日でまた眠るようになります。

Q スリープトレーニングの際に子どもが泣いてしまうことを躊躇してしまう方が多いと思うのですが、トレーニング中は子どもが泣く事は仕方がないのでしょうか?

コンサルティングを通して、親には子どもの「泣く」理由や泣いている意味を説明していきます。たまに、「あー、うー」と声を出しているだけで子どもが泣いていると思ってしまう親がいます。そういう時には、すぐ抱っこをするのではなく、自力で眠りにつくかもしれませんので少し時間を与えてあげてくださいと伝えています。子どもは自力で眠る力があるのでそれを信じてあげることが大切です。

Q 睡眠改善で得られる子どもや家族へのメリットを教えてください。

質の良い睡眠を取ることで、脳の発育・発達がよくなり、学習意欲が増し、運動能力ものびます。息子の場合、かんしゃくが少なくなり、とても機嫌が良くなり風邪を引かなくなりました。 子どもが寝てくれると、家族も十分な睡眠が取れるので好循環。みんながハッピーで元気になり余裕が持てる子育てができるようになります。

子どもが寝るようになり、「本当にありがとうございました」と泣きながら感謝されることがあります。睡眠改善のお手伝いをすることで、笑顔になったクライアントを見ると、本当に嬉しくなります。

Q 愛波さんが子どもの睡眠コンサルタントになるまでの道のりを教えてください。

2012年に長男をサンフランシスコで出産し、夜泣きに悩んでいた時に、アメリカ人のママ友に「スリープトレーニングをしたら」と言われたのがきっかけです。長男が9ヶ月の時でした。初めて聞く「スリープトレーニング」という言葉にとても興味を持ち、15冊ほど睡眠に関する本を読みました。様々な本やメディアから学んだメソッドから自分が納得するやり方を作りあげ、実践した結果、4日間で息子が夜通し眠るようになりました。バランスボールに3時間も座って寝かしつけをしていた生活から解放され、育児がとても楽しくなりました。

その後、ニューヨークへ引越し、更に睡眠に関しての情報収集をしている時に、睡眠コンサルタントの資格取得コースに出会いました。日中は仕事をしていたので、お昼休みの時間だけを勉強 に費やし、家族との時間や育児に影響のないスケジュールでコースを終了させました。

Q 最後に、愛波さんのこれからの展望を教えてください。

子どもの睡眠コンサルタントの存在を日本の方たちにもっと知って頂きたいと思っています。2014年に資格取得をした後、コンサルティングの実績が評価され、妊婦と子どもの睡眠コンサルタント資格取得コースの日本語講師に抜擢されました。そして、2016年9月より妊婦と子どもの睡眠コンサルタント資格取得コースの日本語講師も務めています。このコースはインターナショナルの資格で、全てオンラインで世界中どこからでも受講ができます。コンサルタントになるための勉強は自分のペースで出来るため、子育て中の方には最適です。資格取得後は家から出来る仕事なので子育てとの両立も可能です。

子育て中の皆様に、子どもの睡眠の悩みを解決し、もっと子育てに余裕を持ち、楽しみながら、自分自身を大切にして欲しいと思っています。

*************** Sleeping Smart代表の 愛波文さんの詳細 ***************

睡眠コンサルティングはスカイプを通して受けることが出来ます。 お子さんの睡眠で悩んでいる方や、コンサルタントの資格取得にご興味がある方は是非こちらからコンタクトしてみてください。

妊婦と子どもの睡眠コンサルタント資格取得コースの詳細はこちらです。次回は2017年1月開始です。

ブログからは、子どもの睡眠に役立つ情報を発信されています。

Facebook:@sleepingsmartconsulting
Twitter:@sleepingsmartJP
Instagram:@sleepingsmart

咳止め方法

こんにちは、ママ特派員:しょうこです。

急に涼しく秋らしくなってきて、お子さんたちが通う学校でも風邪が流行っていませんか?

我が子(3歳)も咳が出ており、夜中に咳が続き、起きてしまうことがあります。Saline nasal spray(鼻用スプレー)で鼻通りをよくして、水を飲ませて落ち着かせますが、その後咳が止まらず、1時間程続くこともよくあります。

早く咳が止まってほしいのですが、まだまだ薬を飲ませるのは抵抗がありますし、小児科の先生に聞いても、咳止めは「ハチミツが聞くと言われてるけどね。」くらいしかアドバイスがもらえません。ハチミツをなめさせてみますが、効くような感じはしませんね。子供はハチミツがおいしくて、咳が出ていない時でも、「コホコホ、、、。コンコンでてるから、ハチミツなめる〜。」という始末です。

しかし!最近、お友達から教えてもらった咳止め方法が、よく効いているようなのです。

皆さんは小さい頃に、ヴィックスヴェポラップ(Vicks VapoRub)を胸に塗ってもらいましたか?私も塗ってもらった記憶があります。ですが、自分の子供にはあの臭いがちょっときついんじゃないか、胸の辺りがスースーしすぎるのでは、等と思って、今まで使っていませんでした。

私が聞いた方法は胸や喉に塗るのではなく、足の裏に塗ります。足の裏だと鼻から遠いので、臭いもきつくなく、スースーしすぎないかなと思い、試しましたが、これがよく効きました。

夜中に咳が続いた時に、足裏にヴィックスヴェポラップを塗ります。すると、数分は咳をしていますが、その後は咳が止まり、また眠りに付けるようになりました。咳の症状はまだありますが、夜中に眠れるようになっただけでもとても助かりました。

これはネットで調べてみると、イギリス流の方法のようです。足裏にヴィックスヴェポラップを塗って、靴下をはくようですが、私は靴下は暑くなりすぎるのではないかと思い、履かせませんでした。

咳が止まらなくて困っている方は、この方法も頭に入れてみてください。ヴィックスヴェポラップ自体が心配な方は、必ず小児科の先生に相談してみてくださいね。ちなみにヴィックスヴェポラップは2歳以上を対象としているようです。